誕生犬のしつけ
誕生犬のしつけ
ホーム > フォトフェイシャル > フォトフェイシャルのメラニンへの効果

フォトフェイシャルのメラニンへの効果

facial1.jpg

フォトフェイシャルって聞いたことありますか?

  • シミ
  • そばかす
  • たるみ
  • しわ
などの肌トラブルに効果がある美容治療です。


フォトフェイシャルとは、IPLと呼ばれる特殊な光を使った肌への美容治療の方法です。肌対策は多くの手段があります。


美容としての光治療
毎日のスキンケアでの対策やマッサージやエクササイズの他に、美容治療としてはレーザー照射やピーリングが知られています。

フォトフェイシャルも、そうした肌への美容治療の方法の1つです。



髪や肌の黒い色を作っているメラニン色素に、IPL光は反応する性質があります。

IPLを肌に照射することによって、メラニンで構成されている部分を分解排出できるという仕組みです。


メラニンが、肌にできるシミやそばかすの原因であることは多くの人が知っているのではないでしょうか?


気になるしみやそばかすがある時は、
フォトフェイシャルでメラニンを減らし白くきれいな肌を蘇らせてはどうでしょうか^^



フォトフェイシャルを受けるときの注意点
フォトフェイシャルを受ける場合の注意点の1つは、日焼けした肌には適さないということです。

肌の日焼けはメラニン色素反応によって起こります。
従って、日焼けした肌には大量のメラニンが作られており、フォトフェイシャルを使うと肌全体に負荷がかかってしまいかねません。


なので、小麦色に焼けた肌に無理にフォトフェイシャルを使うと、肌がやけどに似た様相を呈する場合があります。


そうした点に注意しながら、フォトフェイシャルの肌への高い効果を実感してみてはいかがでしょうか。




フォトフェイシャルのコラーゲンへの効果
フォトフェイシャルの美肌効果は、メラニンへ働きかけてそばかすやシミを減らす他にもいい効果がたくさんあるといいます。

フォトフェイシャルは、コラーゲンを増加させる効果も持っています。
お肌のコラーゲンが十分ではないと、しわやたるみの原因となります。

年を取るとコラーゲンは少しずつ失われていき、生成量も減って年を取って見える原因になります。

コラーゲンが加齢とともに体内から減少することによって、肌は張りをなくし、しわやたるみの原因となってしまうのです。


コラーゲンが失われたために肌のたるみが目立つようになったのなら、フォトフェイシャルを施すことでコラーゲンの生成量を増やし、肌のたるみを消す効果を目指すのです。



フォトフェイシャルでコラーゲンを増加させることにより、肌のしわやたるみを改善する効果が期待できます。


深いシワや大きなたるみには効果がない?
あまりに深いしわや大きなたるみの場合は、フォトフェイシャルの効果だけでは改善することが難しい場合もあります。

あまりにもしわやたるみが目立っていて、コラーゲンを肌で作るフォトフェイシャルでは効果が薄いという場合は、他の方法を考えてみてもいいでしょう。


また、フォトフェイシャルの効果は即座に現れるようなものではありません。フォトフェイシャル効果が確認できるまでには、時間や金銭がかかります。


日頃からスキンケアを怠ることなく、しわやたるみ対策をすることで、フォトフェイシャルの効果をより確実なものにしましょう^^